Linux書籍で学習してエラーになり、何度も挫折してきた人ほど効果のある
プロが新人教育に使う「Linux技術習得法」を今まで挫折に苦しんできた
あなたにお教えします。

プロのサーバー管理者が「Linux」という言葉すら知らない新人に
たった30日で現場の技術を教える教育法とは!?

■「プロが使うLinux技術習得法【通常編】はここをクリック
Linuxの基礎をサーバー構築を通じて実践的に学びたい人向けの講座
(LAPP環境を構築)

■「プロが使うLinux技術習得法【上級編】はここをクリック
【通常編】の内容を含んで更にPHP、MySQL、Apace2.0系、SSLも学びたい
高度な技術習得を目指す人の講座(LAMP、LAPP環境を構築)


2009年05月18日

不要サービスを停止するには

実はLinuxは、インストール直後には使用しない
不要なサービス(プログラム)が多く起動しています。

それらの使わないサービスは起動しているだけで
サーバーのリソースを無駄に消費しますし、なにより
起動しているだけで、セキュリティ対策上好ましくありません。

サービスを停止するコマンドにはserviceとchkconfigコマンドが
ありますが、serviceコマンドはサーバーを再起動した際、
設定した内容が取り消されて、停止したサービスが起動して
しまいます。

そこで今回は、サーバーを再起動してもサービスが
停止したままになるchkconfigコマンドでサービスを停止する
方法をご紹介します。


■-- 文法 --■
chkconfig (サービス名) off




mysqlをchkconfigを使用して停止する
---------------------------------------------------------------

[root@Tiger ~]# chkconfig --list mysql
mysql 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
↑mysqlのサービス起動状態を確認します。
上記ではランレベルが2、3、4、5で起動するように設定されています。


[root@Tiger ~]# chkconfig mysql off
↑「chkconfig mysql off」を実行してすべてのランレベルでmysqlが起動
 しないように設定を行ないます。


[root@Tiger ~]# chkconfig --list mysql
mysql 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
↑再度mysqlのサービス起動状態を確認します。
 すべてのランレベルがoffになり起動しない設定になっています。


この様にchkconfigを使用して使用しない不要サービスを
停止させることで、無駄なリソースを節約できるだけでなく、
サーバーのセキュリティ性を高めることができますので、
サーバーを構築する際は必ず実施してください。
(これはセキュリティの基本になります。)

停止するサービスは、インストール時に選択した内容や、どんな
サーバーを構築するのかという目的によっても変わってきますから、
このサービスは絶対停止すべきということは一概に言えませんが、
Linuxのインストールが完了したら、すぐにインストールされている
サービスを確認し、不要なものが起動していたら停止を行なって
ください。


まだ無料インストールマニュアルを手に入れていない方は、下記のフォーム
より入手できますので、いますぐ登録して手に入れてください。


■完全無料でLinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全47ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【CentOS5.4編】(全126ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【Vine Linux4.2編】(全115ページ)


姓: 名:(ニックネーム可)
メールアドレス:

proserverbuild at 13:26Linux技術  この記事をクリップ!
プロフィール

【名前】

 宮崎 智広

【職業】

 サーバー管理者

【メール】

 webmaster@linux-topics.com


※ご質問がありましたら上記メール

アドレスへご質問下さい。

「ご質問カテゴリ」で順に回答していきます



サーバー管理者をしています。

Linuxのサーバー構築は何百回としてきました。

宜しくお願いしますね。

  • ライブドアブログ