Linux書籍で学習してエラーになり、何度も挫折してきた人ほど効果のある
プロが新人教育に使う「Linux技術習得法」を今まで挫折に苦しんできた
あなたにお教えします。

プロのサーバー管理者が「Linux」という言葉すら知らない新人に
たった30日で現場の技術を教える教育法とは!?

■「プロが使うLinux技術習得法【通常編】はここをクリック
Linuxの基礎をサーバー構築を通じて実践的に学びたい人向けの講座
(LAPP環境を構築)

■「プロが使うLinux技術習得法【上級編】はここをクリック
【通常編】の内容を含んで更にPHP、MySQL、Apace2.0系、SSLも学びたい
高度な技術習得を目指す人の講座(LAMP、LAPP環境を構築)


2009年05月16日

IPアドレスからドメイン名を調べるには

ドメイン名からIPアドレスを得る事を正引き名前解決と言いますが、
今回はその逆、IPアドレスからドメイン名を調べる方法になります。

これは正引き名前解決に対して、逆引き名前解決と言いますので
覚えておいてください。

この処理はDNSサーバーに対してクラインとから問い合わせを行ない
それに対する返答を受け取る事で結果が表示されます。
基本動作としては「正引き名前解決」と同じ処理になりますが、
問い合わせに使う情報、表示される結果が逆になります。

IPアドレスからドメイン名への対応はPTRレコードと呼ばれ、
このレコード上では、192.168.1.1というIPアドレスは、
1.1.168.192.in-addr.arpa.(IPアドレスの逆順.in-addr.arpa.)
という形式で記述されます。

これはドメイン名同様にIPアドレスも階層構造を持った名前として
認識し、正引き名前解決と同じプロセスで逆引き名前解決が行なわれる
ようにするためです。

ちなみに名前解決はhostコマンド、nslookupコマンドを使用します。
hostコマンドはnslookupコマンドに代わるものとして開発され、
現在においては、hostコマンドを使用する事が推奨されています。
(正引き名前解決に使用したdigコマンドと同じ扱いですね。)


■-- 文法 --■

host IPアドレス
nslookup -type=ptr IPアドレス






hostコマンドで203.216.247.249のPTRレコードを調べる
---------------------------------------------------------------
[pakira@leopard pakira]$ host 203.216.247.249
249.247.216.203.in-addr.arpa domain name pointer f5.top.vip.tnz.yahoo.co.jp.


最後の「f5.top.vip.tnz.yahoo.co.jp」がドメイン名になります。
---------------------------------------------------------------


nslookupコマンドで203.216.247.249のPTRレコードを調べる
---------------------------------------------------------------
[pakira@leopard pakira]$ nslookup -type=ptr 203.216.247.249
Server: 203.141.128.34
Address: 203.141.128.34#53

Non-authoritative answer:
249.247.216.203.in-addr.arpa name = f5.top.vip.tnz.yahoo.co.jp.

Authoritative answers can be found from:
247.216.203.in-addr.arpa nameserver = ns04.ops.ogk.yahoo.co.jp.
247.216.203.in-addr.arpa nameserver = dnsg01.yahoo.co.jp.
ns04.ops.ogk.yahoo.co.jp internet address = 124.83.218.185
dnsg01.yahoo.co.jp internet address = 211.14.12.10


「name = f5.top.vip.tnz.yahoo.co.jp.」の「f5.top.vip.tnz.yahoo.co.jp」が
ドメイン名になります。
---------------------------------------------------------------

如何ですか?上の様な結果になったでしょうか?
前回も言いましたが、host、nslookupどちらの結果も表示形式は
多少違いますが、得られる情報としては同じになります。

先ほども言いましたが、最近の傾向としてhostコマンドを
使うのが主流の様です。



まだ無料インストールマニュアルを手に入れていない方は、下記のフォーム
より入手できますので、いますぐ登録して手に入れてください。


■完全無料でLinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全47ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【CentOS5.4編】(全126ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【Vine Linux4.2編】(全115ページ)


姓: 名:(ニックネーム可)
メールアドレス:

proserverbuild at 10:06Linux技術  この記事をクリップ!
プロフィール

【名前】

 宮崎 智広

【職業】

 サーバー管理者

【メール】

 webmaster@linux-topics.com


※ご質問がありましたら上記メール

アドレスへご質問下さい。

「ご質問カテゴリ」で順に回答していきます



サーバー管理者をしています。

Linuxのサーバー構築は何百回としてきました。

宜しくお願いしますね。

  • ライブドアブログ