Linux書籍で学習してエラーになり、何度も挫折してきた人ほど効果のある
プロが新人教育に使う「Linux技術習得法」を今まで挫折に苦しんできた
あなたにお教えします。

プロのサーバー管理者が「Linux」という言葉すら知らない新人に
たった30日で現場の技術を教える教育法とは!?

■「プロが使うLinux技術習得法【通常編】はここをクリック
Linuxの基礎をサーバー構築を通じて実践的に学びたい人向けの講座
(LAPP環境を構築)

■「プロが使うLinux技術習得法【上級編】はここをクリック
【通常編】の内容を含んで更にPHP、MySQL、Apace2.0系、SSLも学びたい
高度な技術習得を目指す人の講座(LAMP、LAPP環境を構築)


2009年02月22日

Linuxのポート状況を確認する

Linuxのポート状況を確認するには、netstatコマンドを使用します。
netstatコマンドが表示する情報には、ポート情報以外に、ルーティング
テーブル、IPマスカレードなど様々な情報を得ることができます。

netstatは表示できる情報が多いため、オプションを使い分けることで
必要な情報のみを表示する使い方が宜しいと思います。

■-- 文法 --■

netstat (オプション)


■ オプション

-t TCPポートを表示する
-u UDPポートを表示する
-a すべての有効なポートを表示する
-n 一切の名前解決を行なわない



■通信が確立しているtcpポートの状況を調べる

[root@Dolphin root]# netstat -t ←「netstat -t」を実行します
稼働中のインターネット接続 (w/oサーバー)
Proto 受信-Q 送信-Q 内部アドレス 外部アドレス 状態
tcp 0 268 192.168.1.36:22 192.168.1.9:64029 ESTABLISHED

上記の例ではSSHでサーバーに接続している状態でnetstatコマンドを実行した為、
通信が確立しているSSHポートが表示されています。

左のから項目を説明すると下記の通りになります。

Proto     プロトコル
受信-Q    受信キューに溜まっているデータバイト数
送信-Q    信キューに溜まっているデータバイト数
内部アドレス LinuxサーバーのIPアドレスとポート番号
外部アドレス 接続元PCのIPアドレスとポート番号
状態     接続の状態
        ・ESTABLISHED 接続が確立状態
        ・LISTEN    接続待ち状態
        ・FIN_WAIT 接続の切断待ち

※これらの結果はサーバー環境によって異なります


■接続待ちをしているTCP、UDPポートを表示する

[pakira@Dolphin pakira]$ netstat -antu
稼働中のインターネット接続 (サーバと確立)
Proto 受信-Q 送信-Q 内部アドレス 外部アドレス 状態
tcp 0 0 0.0.0.0:22 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 0.0.0.0:80 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 0.0.0.0:21 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 127.0.0.1:5432 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 268 192.168.1.36:22 192.168.1.9:64029 ESTABLISHED
tcp 0 0 192.168.1.36:80 192.168.1.9:33621 ESTABLISHED
tcp 0 0 192.168.1.36:80 192.168.1.9:32880 ESTABLISHED
tcp 0 0 192.168.1.36:80 192.168.1.9:32875 ESTABLISHED
tcp 0 0 192.168.1.36:80 192.168.1.9:32958 ESTABLISHED
udp 0 0 127.0.0.1:32768 127.0.0.1:32768 ESTABLISHED

※これらの結果はサーバー環境によって異なります


「状態」が「LISTEN」で表示されているポートがLinuxサーバーで
接続待ちをしているポートになります。

ポート状況を確認しておくことは、Linuxのセキュリティ対策上とても重要です。

このnetstatコマンドを使用して、必要なポート、不要なポートを確認し、
不要ポートを閉じるだけでLinuxのセキュリティを格段に高めることができます。

Linuxサーバーをインターネットに公開しても、ハッキング被害に遭わないよう
ポート管理を行なうのは絶対に必要です。
もし、あなたがLinuxサーバーを公開しているならポート状況がどのように
なっているか確認してみてくださいね。


まだ無料インストールマニュアルを手に入れていない方は、下記のフォーム
より入手できますので、いますぐ登録して手に入れてください。


■完全無料でLinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全47ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【CentOS5.4編】(全126ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【Vine Linux4.2編】(全115ページ)


姓: 名:(ニックネーム可)
メールアドレス:

proserverbuild at 17:03Linux技術  この記事をクリップ!
プロフィール

【名前】

 宮崎 智広

【職業】

 サーバー管理者

【メール】

 webmaster@linux-topics.com


※ご質問がありましたら上記メール

アドレスへご質問下さい。

「ご質問カテゴリ」で順に回答していきます



サーバー管理者をしています。

Linuxのサーバー構築は何百回としてきました。

宜しくお願いしますね。

  • ライブドアブログ