Linux書籍で学習してエラーになり、何度も挫折してきた人ほど効果のある
プロが新人教育に使う「Linux技術習得法」を今まで挫折に苦しんできた
あなたにお教えします。

プロのサーバー管理者が「Linux」という言葉すら知らない新人に
たった30日で現場の技術を教える教育法とは!?

■「プロが使うLinux技術習得法【通常編】はここをクリック
Linuxの基礎をサーバー構築を通じて実践的に学びたい人向けの講座
(LAPP環境を構築)

■「プロが使うLinux技術習得法【上級編】はここをクリック
【通常編】の内容を含んで更にPHP、MySQL、Apace2.0系、SSLも学びたい
高度な技術習得を目指す人の講座(LAMP、LAPP環境を構築)


2009年02月12日

Bringing up interface eth0: Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization. [FAILD] と表示された時の対処法

Linuxを起動時に下記のエラーが発生が発生しました。
今回、実績として対応した手順を記載しておきます。

■エラーメッセージ
Bringing up interface eth0: Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization. [FAILD]



■対応手順
1./sbin/ifconfig -aを実行してeth0のMACアドレスを取得
2.1で取得したMACアドレスをifcfg-eth0のHWADDRにエディタで設定
3.ifup eth0 を実行してeth0を起動
4.ネットワークに接続できることを確認

今回は上記の手順で解決出来ましたが、場合によっては別手順が必要に
なる可能性もありますのでご了承ください。

解決策の一例として記載しておきます。

まだ無料インストールマニュアルを手に入れていない方は、下記のフォーム
より入手できますので、いますぐ登録して手に入れてください。


■完全無料でLinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全47ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【CentOS5.4編】(全126ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【Vine Linux4.2編】(全115ページ)


姓: 名:(ニックネーム可)
メールアドレス:

proserverbuild at 14:29Linux技術  この記事をクリップ!