Linux書籍で学習してエラーになり、何度も挫折してきた人ほど効果のある
プロが新人教育に使う「Linux技術習得法」を今まで挫折に苦しんできた
あなたにお教えします。

プロのサーバー管理者が「Linux」という言葉すら知らない新人に
たった30日で現場の技術を教える教育法とは!?

■「プロが使うLinux技術習得法【通常編】はここをクリック
Linuxの基礎をサーバー構築を通じて実践的に学びたい人向けの講座
(LAPP環境を構築)

■「プロが使うLinux技術習得法【上級編】はここをクリック
【通常編】の内容を含んで更にPHP、MySQL、Apace2.0系、SSLも学びたい
高度な技術習得を目指す人の講座(LAMP、LAPP環境を構築)


2008年12月03日

VmwareでCドライブ以外にLinuxをインストールしたい

こんなご質問を頂きました。

質問
------------------------------------------------------------
サーバーの勉強をこれから始めたいと思い、LinuxをWindows上で
動作させるマニュアル(全80ページ)をダウンドードさせて頂きましたが、
使用しているコンピュータのCドライブの容量が小さく設定してあるため
容量が足りません。
Eドライブなら容量が十分にあるのですが、どのようにしたら
良いか教えてください。
------------------------------------------------------------




回答)
------------------------------------------------------------
Cドライブの容量が少なく、他のドライブ(今回の例の場合はEドライブ)に
インストールしたいというご相談です。

まずは「LinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全80ページ)」の
下記の箇所を読み替えて実行してください。

※ブログ上¥が\で表記されていますが、\は半角の¥になります。


・24ページで実行するコマンドを下記のように変更して実行してください。

  cd C:\Program Files\qemu-0.9.0-windows
  mkdir e:\vmware
  qemu-img.exe create -f vmdk e:\vmware\filename.vmdk 7G

 マニュアル上はc:\となっている箇所をe:\と変更します。

 ※ドライブ名はあなたの環境に合わせて読み替えてください。
   Dドライブの場合 → d:\
   Eドライブの場合 → e:\


・30ページの「filename.vmx」ファイルをE:\vmware へ移動します。


・34ページ以降の「Operating System not found」の対策を行う場合
 「filename.vmx」ファイルに記述したISOファイルのパスを変更してください。

 ■Vine Linux3.2の場合
  ide1:0.fileName = "E:\vine32\ Vine32-i386.iso"

 ■Vine Linux4.2の場合
  ide1:0.fileName = "E:\vine42\Vine42-i386.iso"

 ■CentOS 5.2 の場合
  ide1:0.fileName = "E:\cent52\CentOS-5.2-i386-bin-1of6.iso"

基本的にC:\ドライブとなっている箇所を他のドライブのパスに
変更して頂く形になります。今回の例ではEドライブでの質問だったので
E:\に変更していますが、パソコンによってDドライブにインストール
したい場合もあるかと思います。そのような場合はD:\と記述してください。

------------------------------------------------------------



まだ無料インストールマニュアルを手に入れていない方は、下記のフォーム
より入手できますので、いますぐ登録して手に入れてください。


■完全無料でLinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全47ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【CentOS5.4編】(全126ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【Vine Linux4.2編】(全115ページ)


姓: 名:(ニックネーム可)
メールアドレス:

proserverbuild at 16:31ご質問  この記事をクリップ!