Linux書籍で学習してエラーになり、何度も挫折してきた人ほど効果のある
プロが新人教育に使う「Linux技術習得法」を今まで挫折に苦しんできた
あなたにお教えします。

プロのサーバー管理者が「Linux」という言葉すら知らない新人に
たった30日で現場の技術を教える教育法とは!?

■「プロが使うLinux技術習得法【通常編】はここをクリック
Linuxの基礎をサーバー構築を通じて実践的に学びたい人向けの講座
(LAPP環境を構築)

■「プロが使うLinux技術習得法【上級編】はここをクリック
【通常編】の内容を含んで更にPHP、MySQL、Apace2.0系、SSLも学びたい
高度な技術習得を目指す人の講座(LAMP、LAPP環境を構築)


2007年12月19日

ネット上のメーリングリストや掲示板で質問しても答えてもらえません。

(質問)
ネット上のメーリングリストや掲示板で質問しても答えてもらえません。
どうしたら良いでしょうか?



(回答)
どのような質問をしたのかわかりませんが、初心者の方に多く見られる傾向として
質問の仕方に問題がある場合が多いようです。

下記の点が出来ているか確認してみてください。

・名乗っているか?(ハンドルネームでも構いませんマナーとして名乗りましょう)
・挨拶をしているか?(これもマナーです)

上記2つは最低限のマナーですが、まず、これが出来ているか確認してみて下さい。
そして、次に一番重要なことですが、『具体的な質問をしているか?』
これを出来ていない方が非常に多いと思います。

具体的には、エラーになった結果しか説明していないというものです。
「●●というエラーが出てしまいました。どうしたら良いでしょうか?」

単純にこのような質問を投稿しても解決に結びつく情報を得るのは難しいと
思います。

まずは、あなたが使っている環境や状況を出来る限り詳しく説明してください。
最初は見当違いなことを書いても気にする必要はありません。
何もないよりはマシです。

・Linuxのディストリビューション名、バージョン。
・何のサーバーを構築したいのか。
・参考にしたWebサイトなどがあればそれも書く。
・エラーになるまでにどのような作業をしたのか。
・エラーメッセージが表示されている場合、そのメッセージをそのまま書く。


そして、一番最後に必要なことなのですが、自分でもエラーの原因を調べてみる
ということです。最初は意味がわからないかもしれません。
しかし、より具体的な質問をするためには、エラーの状況を自分なりに理解する
必要があります。

これを行っているか、いないかによって質問の質がまったく変わってきます。
もし返事が返ってきてもエラーに対する知識がある分、より具体的に的を得た
回答を行うことができますし、何よりあなた自身の技術が向上します。

質問する前に、自分でもエラーの原因調査を行い、質問を受ける側の立場に立って、きちんと自分のエラー状況を伝えられているか確認をしてみてください。

これを気をつけるだけで質問の質がグッと向上して、返事をしてもらえない
ということは少なくなると思います。

まだ無料インストールマニュアルを手に入れていない方は、下記のフォーム
より入手できますので、いますぐ登録して手に入れてください。


■完全無料でLinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全47ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【CentOS5.4編】(全126ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【Vine Linux4.2編】(全115ページ)


姓: 名:(ニックネーム可)
メールアドレス:

proserverbuild at 19:02ご質問  この記事をクリップ!