Linux書籍で学習してエラーになり、何度も挫折してきた人ほど効果のある
プロが新人教育に使う「Linux技術習得法」を今まで挫折に苦しんできた
あなたにお教えします。

プロのサーバー管理者が「Linux」という言葉すら知らない新人に
たった30日で現場の技術を教える教育法とは!?

■「プロが使うLinux技術習得法【通常編】はここをクリック
Linuxの基礎をサーバー構築を通じて実践的に学びたい人向けの講座
(LAPP環境を構築)

■「プロが使うLinux技術習得法【上級編】はここをクリック
【通常編】の内容を含んで更にPHP、MySQL、Apace2.0系、SSLも学びたい
高度な技術習得を目指す人の講座(LAMP、LAPP環境を構築)


2007年12月14日

業務経験がないという理由で、現場面接に受かりません。

(質問)
常駐業務で現場の面接を受けるのですが、業務経験がない
という理由で面接に受かりません。
かなり焦りを感じているのですが、どうしたら良いでしょうか?


(回答)
まず、私が言えることは、面接では
「仕事の出来る人を採用するわけではなく、出来そうな人を
採用します。」

これは何が言いたいのかというと、ある程度のハッタリや
自信があるように見せる演出は必要なのではないかという
ことです。

私も客先の常駐SEとして仕事をする際に何度か面接を
受けましたが、結局この演出をした方がすんなり採用
されるケースが多かったです。

もちろん演出した分、しっかり仕事はしないといけませんが、
面接に受からないとそれが出来ないので、ウソをつくわけ
ではないですが、仕事ができそうな雰囲気を作るのは
重要だと思います。

一番良くないのは、「自分に経験がない」、「自信がない」
という後ろめたさが面接で出てしまい、それが相手に
伝わってしまうことです。

「何でもできますけど、何か?」「俺を採用しないと後悔するよ」ぐらいの
心構えで面接を受ける方が丁度良いと思います。
(実際、私は面接の際にこのような心構えで受けていました。)

もちろん口に出してはダメですが、雰囲気を
作るという意味において面接ではかなり有効だと思います。

一度お試しください。

まだ無料インストールマニュアルを手に入れていない方は、下記のフォーム
より入手できますので、いますぐ登録して手に入れてください。


■完全無料でLinuxをWindows上で動作させるマニュアル(全47ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【CentOS5.4編】(全126ページ)
■プロのサーバー管理者が教えるLinux挫折者・初心者用サーバー構築マニュアル
 【Vine Linux4.2編】(全115ページ)


姓: 名:(ニックネーム可)
メールアドレス:

proserverbuild at 12:02ご質問  この記事をクリップ!