不要サービスを停止するには

実はLinuxは、インストール直後には使用しない
不要なサービス(プログラム)が多く起動しています。

それらの使わないサービスは起動しているだけで
サーバーのリソースを無駄に消費しますし、なにより
起動しているだけで、セキュリティ対策上好ましくありません。

サービスを停止するコマンドにはserviceとchkconfigコマンドが
ありますが、serviceコマンドはサーバーを再起動した際、
設定した内容が取り消されて、停止したサービスが起動して
しまいます。

そこで今回は、サーバーを再起動してもサービスが
停止したままになるchkconfigコマンドでサービスを停止する
方法をご紹介します。

■– 文法 –■
chkconfig (サービス名) off


mysqlをchkconfigを使用して停止する
—————————————————————

[root@Tiger ~]# chkconfig –list mysql
mysql 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
↑mysqlのサービス起動状態を確認します。
上記ではランレベルが2、3、4、5で起動するように設定されています。

[root@Tiger ~]# chkconfig mysql off
↑「chkconfig mysql off」を実行してすべてのランレベルでmysqlが起動
 しないように設定を行ないます。

[root@Tiger ~]# chkconfig –list mysql
mysql 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
↑再度mysqlのサービス起動状態を確認します。
 すべてのランレベルがoffになり起動しない設定になっています。

この様にchkconfigを使用して使用しない不要サービスを
停止させることで、無駄なリソースを節約できるだけでなく、
サーバーのセキュリティ性を高めることができますので、
サーバーを構築する際は必ず実施してください。
(これはセキュリティの基本になります。)

停止するサービスは、インストール時に選択した内容や、どんな
サーバーを構築するのかという目的によっても変わってきますから、
このサービスは絶対停止すべきということは一概に言えませんが、
Linuxのインストールが完了したら、すぐにインストールされている
サービスを確認し、不要なものが起動していたら停止を行なって
ください。